コロナ情報画像

本文へ移動する

令和3年度 外国人技能実習生適正化講習会

 平成29年11月1日に施行された外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律に基づいた新しい技能実習制度が実施されてから4年余りが経過しましたが、引き続き適正な受入を行っていただくため、中小企業庁の外国人技能実習制度適正化事業の一環として講習会を開催いたします。
 実習生を受け入れている事業者はもちろんのこと監理団体である組合にも役立つ内容となっておりますので、できる限り多くのみなさまにご参加いただきたいと存じます。

2021gaikokuzin2

開催案内チラシPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

開催場所及び日時

札幌、帯広、旭川、函館(全4会場)

開催日 申込〆切 場所
11月5日(金) 10月29日(金)

ホテルポールスター札幌「ポールスターホール2」

札幌市中央区北4条西6丁目

11月11日(木) 11月4日(木)

ホテル日航ノースランド帯広「ノースランドホール」

帯広市西2条南13丁目1番地

12月2日(木) 11月25日(木)

旭川トーヨーホテル「丹頂の間」

旭川市7条通7丁目32-12

1月26日(水) 1月19日(水)

函館国際ホテル「アクアマリン」

函館市大手町5番10号

開催時間

14:00~16:00(全4会場共通)

定員

会場参加 : 50名
オンライン参加 : 100名                                                              

※各参加、申込先着順

講師・セミナーの主な内容

第1部 「監理団体・技能実習生の傾向等について」 
講師:厚生労働省技能実習業務指導室  担当者

(1)監理団体の傾向

・新規監理団体の許可取得の増減、業種、規模などの傾向

・既存監理団体の運営状況、事業休止の状況とその理由について

・債務超過組合の割合、改善策の事例など財務状態について

(2)技能実習生の傾向

・実習地域の分布状況について

・実習業種の希望状況について

(3)国の方向性

・移行対象職種の傾向や今後の追加予定

・技能実習生制度との関係

・実習生の保護、監理団体への資金援助などコロナ禍における対応

 

第2部 「実習実施先での違反事例等について」
外国人技能実習機構札幌事務所  担当者

(1)実習実施者(組合員企業)での違反事例

・労働基準法や技能実習生法から見た悪質な違反事例

・労務管理上の勘違い、思い込みなど認識不足による違反について

・実習生とのトラブル事例について

(2)外国人技能実習機構の監視視点

・主な監視ポイント(監査書類の整備、実態確認)

・実習停止など違反に対するペナルティ

申込方法

■HPでのお申込

以下のセミナー申込フォームからお申込ください。

申込フォームボタン

■FAXでのお申込

参加申込書に必要事項をご記入の上、011-271-1109まで送信してください。

参加申込書PDFファイル

その他

・会場参加希望者が多数の場合には、お断りする可能性もありますのであらかじめご了承ください。また、新型コロナウイルス感染拡大の状況によって、中止等となる可能性がございます。
・当日、会場参加の皆様にはマスクの着用や手指消毒のご協力をお願いいたします。また、受付窓口で検温させていただき、37.5℃以上の方には参加を見合わせていただきます。

お問合せ

〒060-0001
札幌市中央区北1条西7丁目プレスト1・7ビル3階
北海道中小企業団体中央会
連携支援部(担当:森嶋・上飯野)
​TEL:011-231-1919
FAX:011-271-1109

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
中央会から
ページのトップに戻る

北海道中小企業団体中央会ロゴ

〒060-0001 
札幌市中央区北1条西7丁目 プレスト1・7ビル
TEL:(011)231-1919 FAX:(011)271-1109

Copyright c 2018 Hokkaido Chuokai All Rights Reserved.