本文へ移動する

中央会とは

中小企業団体中央会とは

中小企業団体中央会は、昭和30年9月、中小企業等協同組合法の改正により「中小企業等協同組合中央会」として誕生しました。その後、昭和33年4月、中小企業団体の組織に関する法律の施行に伴い「中小企業団体中央会」と名称を変更し、今日に至っています。 中央会の組織は、都道府県ごとに1つの中央会と、都道府県の中央会をとりまとめる全国中小企業団体中央会で構成され、中小企業の組合等を会員として設立された団体です。 

経済社会の基盤を形成している中小企業の振興発展を図るため、中小企業の組織化を推進し、その連携を強固なものにするため、中小企業のサポートをおこなっています。

北海道中小企業団体中央会とは

 北海道中小企業団体中央会は、中小企業の組合等を会員として組合等を通じて中小企業の発展を図るために、組合運営、人材養成、調査・研究、情報収集、助成事業等の多様な事業を展開しています。 札幌市に本部を設置し、道内9支部(道南、上川、十勝、釧根、網走、胆振、空知、宗谷、後志)を拠点に地域に密着した組合支援をおこなっています。     

中央会の活動

中央会職員が各組合等を実地に訪問・支援を行うほか、講習会、研修会、各種助成事業の実施、中小企業団体の各種大会、部会・ 委員会等の開催、中央会ホームページ・機関誌の発行等によって教育、指導、連絡を行うとともに、中小企業振興のため、中小企業施策実現のための建 議・要請活動など幅広く活発な活動を展開しています。

組合運営の支援

組合の設立から、総会・理事会の手続き、各種申請のお手伝いや、運営上のあらゆる相談にたいしてサポートしています。また個々に抱えている課題をそれぞれのテーマごとに研修会、研究会を開催しています。

調査・研究

中小企業の労働事情を適格に把握し、国及び道に対する要望並びにその実態の周知を図るため「中小企業労働事情実態調査」を実施し、その調査結果をふまえて、テーマを選定し連携組織問題に関する研修会を開催しています。

情報提供

機関誌「ニュースレポート中央会」を毎月発行し、国及び道等の各種施策の紹介、法令の改正内容、組合運営の先進事例等の提供をおこなっています。また、業種ごとに景況及び国等への施策の要望内容を把握するため「情報連絡員」を設置し、毎月の報告及び要望内容をとりまとめ「ニュースレポート中央会」に掲載し、要望活動に反映させています。

組織対策

巡回及び相談業務を通じて、中小企業組合等の運営支援をおこなっています。また、小企業者を対象とした組織化推進、運営サポートのため、研修会等を開催しています。さらに国や道ならびに中小企業の支援機関等と連携し、道内中小企業の振興発展を図る活動をおこなっています。

組織図・アクセスマップ

中央会事務局組織図

中央会事務局組織図

アクセスマップはこちら

 

ページのトップに戻る

北海道中小企業団体中央会ロゴ

〒060-0001 
札幌市中央区北1条西7丁目 プレスト1・7ビル
TEL:(011)231-1919 FAX:(011)271-1109

Copyright c 2018 Hokkaido Chuokai All Rights Reserved.